キャットフード専門店/猫のごはん

日本伝統である古代六古窯“信楽焼”

とあるイベント会場で私は出店されている一点の商品に目が留まりました。それが上記の画像にいくつも並んでいる猫ちゃんのごはんの食器です。食器というより私はタワーというイメージで捉えていました。「この高さがポイントできっと猫が食べやすいのかな?」と。
私はこの食器を見た瞬間から是非、この食器を販売したい!という気持ちが働きすぐさま作家さんに連絡を取り交渉を、というより無理にお願いをして商品を分けていただくことになりました。

無心に信楽の土を捏ね、ろくろを廻しながら粘土を成型した後、素焼きを行い、それから釉薬をかけ15時間掛けて焼成し、捏丹念込めて造り上げた陶芸作家のコイケ ヨシコさんの商品からは猫に対する愛情、優しさそして「和」を感じられます。
そんな趣きのある逸品に仕上がっています。

縁起物として喜ばれている狸の置物で有名な信楽焼は滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で日本六古窯の一つに数えられています。表面はザラつき感がありますが、使うほどしっとりした質感に変わります。これが個性となり使う者を魅了します。

 

ご購入される前に必ずお読み下さい。

当店の猫食器は全て手作りにて製造しています。そうした中、土に含まれる鉄分(鉄粉)が斑点のように現れる場合がありますが、これも特徴の一つです。また、釉薬の流れ具合やその日の気温、湿度によって色合いも変わりますが、これも信楽焼の味です。ご購入の際はご理解・ご了承の程お願い致します。